2009年12月16日

シャイーのマーラー:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シャイーのマーラーは、メンゲルベルクが世界最初の"マーラー・オケ"として完成させたコンセルトヘボウ管の伝統を再検証し、そこに現代的な観点からの切り口や、しなやかなフレージングを取り入れたもの。

作品のすみずみまで鋭敏かつ緻密な読みが行き渡った新鮮なマーラーである。

イタリア人らしく、歌に癖がなく、オーケストラを自然に歌わせているのも美点。

シャイーの演奏は形式や構成など、表面的には伝統的なものへの回帰を思わせながら、マーラーの交響曲を特徴づける対立的なものが複雑に組み合わされた作品の特徴を鮮明に表現している。

対位法的な書法などにも鋭い眼がゆきとどき、ホルンなど管楽器のソロの強調やかなり濃い表情など、交響曲という形式に盛り込まれた劇的な要素を強く印象づける表現主義的とも言える演奏だ。

シャイーがしなやかな感性と絶妙なコントロールで描き、ドライヴした演奏は、細部まで生き生きと洗練された表現と熱く清新な歌にみちており、コンセルトヘボウの暖かく流麗な響きと色彩が、繊細にして明快な表現をいっそうニュアンス美しく、味わいの深いものにしている。

湧き出る清水のように透明で、しかも、細部を熟練工がするように練り直して、丁寧に仕上げたせいか、むしろ安定した演奏に仕上がっている。

そのスケールの大きな造形と、深々とした奥行き感は近年の充実ぶりを示すものだ。

シャイーならではの知情のバランスのよい、晴朗で達意の名演と言うべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(2)トラックバック(0)マーラー | シャイー 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by zerbinetta   2009年12月17日 06:57
こんにちは。はじめまして。
トラックバックありがとうございます。初トラックバックです。
シャイーさんのマーラーは交響曲第2番と4番を聴きました。CDは第1番、2番と第5番以降の交響曲、子供の不思議な角笛を持っています。わたしも大好きな演奏です。
2. Posted by 和田   2009年12月17日 09:16
zerbinettaさん、コメントありがとうございます。
シャイーのマーラーは本当にいい演奏ですよね。コンセルトヘボウが良く鳴ってます。聴いていて心弾む演奏だと思います。
またのコメントをお待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ