2009年12月26日

フルニエ&ケンプのベートーヴェン:チェロ作品全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



絶妙に息のあった名コンビとして知られた2人の大家の最良の時を記録したともいえる1965年、パリでの充実しきったライヴ録音である。

室内楽的融合感と流れのよさが際立つ名演だ。

さすがに、フルニエの最盛期の録音だけあって、高雅に旋律を歌い上げながらも、自由闊達な気分にあふれていて、まさに音楽する喜びといったものがじかに伝わってくるような演奏だ。

デリケートな詩情が美しいフルニエのチェロは、非常に細部にわたって洗練され、磨きぬかれた演奏で、高度の様式美を作り出している。

フルニエはベートーヴェンの古典的な性格がもたらす高貴な精神と落ち着いた情感に基づいて演奏しており、2人の共演はベートーヴェンの全体像を具現している。

ケンプのベートーヴェン演奏は戦前から著名で、ある意味ではロマン的な性格に焦点を当てている。

ロマン的表情で高雅に歌うフルニエのチェロ、積極性と清潔感をあわせもつケンプのピアノ。

端正な引き締まった造形感は、大家同志でなくては生まれようもないものだろう。

熟し切った音楽の年輪だけが放つ輝きであり、巨匠の共演が幸福感を味わわせてくれる録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:14コメント(0)トラックバック(0)フルニエ | ケンプ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ