2010年01月02日

ルービンシュタインのシューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューマンはすこぶる若々しく清新な気分にみちあふれた演奏である。

録音当時80歳だったルービンシュタインだが、ここにはそうした老いのかげりは少しもみられず、実にのびやかでロマンティックだ。

小細工を弄することなく正攻法で堂々と挑んでいるところが凄い。

バックもよい。

あえて苦言を呈するならは、巨大なスケールの演奏なのだが、タッチのニュアンスやデリカシーを欠きがちで、作品の夢を伝えるにはいささか不十分だ。

グリーグは肉のりの厚い音色と粘着力の強い表現に特徴があり、いかにも巨匠らしい演奏。

この曲の北欧的なリリシズムとヴィルトゥオーゾ的な性格とを、適度なバランスで表出した演奏である。

第1楽章冒頭から、ルービンシュタインの演奏は力強く華やかで、第1楽章導入部でもひとつひとつの和音に美しい余韻を響かせ、グリーグの抒情性を十分に生かす。

どんな時でも明快なタッチで、音に熱があり、豊かな表情を伴っている。

「ルービンシュタインの音楽は、その人そのものである」とショーンバーグは言っているが、この巨匠ならではの貴族的で、柔和で、かつまた情熱的な性格は、ここでも鮮明にあらわれており、ごく自然な流れを生かしながら雄大に表現している。

これに北欧らしい香りがもっと加わればと惜しまれる。

ただしバックはいまひとつ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:22コメント(0)トラックバック(0)ルービンシュタイン | シューマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ