2010年01月07日

グリュミオーのルクー:ヴァイオリン・ソナタ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



祖国ベルギーで生み出された作品を収録しているところに、グリュミオーの特別の思い入れが感じられる。

なかでも特筆すべきはルクーのソナタ。

わずか24歳で亡くなったフランクの弟子だったルクーは、たった1曲のヴァイオリン・ソナタを残しているが、これがやはり1曲のみの師のソナタ以上に切なく美しい。

これを昔から得意にしていたのが、同じフランス・ベルギー派を背負って立つグリュミオーだった。

彼は生涯にこの曲を2回録音したが、白髪のカスタニョーネのピアノと入れた、モノーラル盤の方が絶対的に優れている。

しかしモノーラル盤は現在廃盤となってしまったため、ヴァルシとの新盤で我慢するより仕方がない。

ここでのグリュミオーは情熱的で、まるで一編のドラマのように、劇的に音楽を盛り上げて余すところがない。

ピアノがまたとても雄弁で、ヴァイオリンにつかず離れず、見事なインタープレイぶりである。

ベルギーかフランスの演奏家以外にはあまり評価されていない曲だが、このグリュミオーのファンタジー豊かな演奏を耳にすれば、近代ヴァイオリン・ソナタの重要作としてもっと聴かれてよいと誰もが感じるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:32コメント(0)トラックバック(0)グリュミオー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ