2010年01月14日

フリッチャイのモーツァルト:ミサ曲ハ短調


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フリッチャイ盤はいくぶん録音は古くなったが、モダン楽器による代表盤として、やはり忘れ難い名演である。

1957年から白血病に苦しめられるようになったフリッチャイの音楽は、その後大きな変貌をとげることになる。

1959年に録音されたこのモーツァルトのミサ曲には、まだそうした最晩年のフリッチャイの演奏がもつ自在なスケールは少ないが、真摯に厳しく研ぎ澄まされた表現によって、この未完の大作をキリリと引き締まった造形力をもって彫りなし、その魅力と威容をくっきりと明らかにしている。

フリッチャイは余分な思い入れのないモーツァルトそのものの音の中から、鋭い直観力をもって音楽を構築している。

真摯にしていかにもセンシティヴな表現が大変に美しく、モーツァルトの音楽を深く愛したフリッチャイの作品への傾倒を静かに強い感動をもって伝えずにはいないだろう。

歌手陣もそうしたフリッチャイの志の高い表現に見事に応えており、シュターダーの清澄な歌唱、テッパーの香気あふれるフレージングの豊かさ、ヘフリガーの妥協のない音楽づくりなど、いずれも素晴らしい。

聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊のオーソドックスな歌唱も見事で、身の引き締まる思いのする名演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:37コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | フリッチャイ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ