2010年01月17日

オーマンディのホルスト:惑星


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



実に半世紀近くもフィラデルフィア管弦楽団に君臨したオーマンディが聴かせる模範的名演。

いかにもオーマンディらしい少しのけれん味もない正攻法の表現で、あくまでもフィラデルフィア管弦楽団の豊麗な音の美しさを前面に押し出しながら、精巧な仕上げをしている。

傑出したアンサンブル、明るく輝かしい音色、各奏者のほれぼれとするばかりの名人芸を駆使して繰り広げられる音のパノラマであり、鳴り響くサウンドそのものが聴き手をうっとりとさせる魅力をもっている。

まさにフィラデルフィア・サウンド、オーマンディ・サウンドの極意を堪能させる名演であり、演奏のはしばしからこのコンビが謳歌した名声のほどが実感される。

しかも円熟期のオーマンディは作品を劇的起伏と明快な表情付けで再現する天才でもあり、各曲いずれも溌剌として若々しく、これほど全体を面白く聴かせてくれる演奏も珍しい。

特に「火星」「木星」「天王星」などは明快かつ華麗にまとめられており、フィラデルフィア・サウンドの輝かしい魅力が存分に発揮されている。

このコンビのホルスト《惑星》は確かこれが唯一の録音(SP録音があるとも言われるが未確認)で一回きりで終わっている。

完全満足の成果と言っても間違いではないだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:15コメント(0)ホルスト  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ