2010年01月31日

アバドの「フィガロ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウィーン時代のアバドの、最大の業績のひとつがこの《フィガロ》だろう。ウィーン・フィルはさっそうと走らせるアバドの指揮に、喜々として従いながらも、その優美な演奏を失わず、これはアバドの《フィガロ》であるとともに、ウィーン的な《フィガロ》ともなり得ている。

クレンペラー、ベーム、ジュリーニ、カラヤンと数々の名盤が作られてきたが、1994年アバドの指揮のもとウィーンで収録された演奏は、《フィガロの結婚》というオペラだけが持つ知的香りと朗らかな人間劇としての楽しさを絶妙なバランスでブレンド、現代に生きる古典の素晴らしさを堪能させてくれる。

生き生きとした表情を一瞬たりとも失わない。《フィガロの結婚》は、もともと活発で生き生きしたオペラに決まっている。それでも、ここまで躍動感あふれる演奏はほかにない。

適材適所の配役も素晴らしい。

威厳だけでなく優しさも弱さも持つ伯爵を歌うスコウフス、そこはかとない感情移入が素晴らしいステューダーの伯爵夫人、生き生きとして一番元気なマクネアーのスザンナ、愛すべき人間性を披露したガッロのフィガロ、そして天衣無縫の若いツバメを演じて爽快なバルトリのケルビーノなど、一人一人が生きた存在感をもって役割を演じ、歌いきっている。

アバドが節度をもって全曲をふくらみ続ける蕾のように再現した点も見事だし、ウィーン・フィルのふくよかさも美しさに花を添えている。

耳だけの音楽ながら、演奏が優れているからであろう、視覚を刺激されるような感銘があり、全曲を聴き終えたとき、舞台を見終わった感銘すら覚えてしまう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:38コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ