2009年09月15日

タックウェル&マリナーのモーツァルト:ホルン協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトのホルン協奏曲のベスト・ワンといえる演奏だ。

モノーラル時代の名盤、ブレインの流れを受け継いでいるかのような演奏である。

タックウェルは渋味とコクのある音色で、心のこもったモーツァルトを奏でている。

弱音効果とレガート奏法を重視した優雅なモーツァルトである。

タックウェルのソロは手馴れていて、演奏に余裕を感じさせるし、響きも柔らかく、渋い味わいとコクが加わり、各曲とも自在に表現しながら、ニュアンス豊かな音楽をつくりあげている。

タックウェルは自在で多彩な表情を駆使して、徹底的に楽しませてくれる。

曲想の明暗濃淡は極限まで描きつくされ、フレーズを大きくとったカンタービレ、思い切ったアクセント、夕映えのような情感などを自由に表現してゆく。

柔らかい響きと落ち着いた情感が溶け合って、豊かな広がりをもたらしているのは、ヴェテランでなければ得られぬ境地だ。

特に第1番と第4番は角笛のような感じが楽しく、即興的な強弱や思い切った表情もあって、さすがに優秀な出来映えだ。

そしてタックウェルがこれだけ興にのれたのはマリナーあってこそで、モーツァルトの閃きとユーモアが十全に音化されている。

タックウェルはモーツァルトのホルン協奏曲を何度も録音しているが、全体的にはこの1971年盤が最も優れている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:44コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ