2009年09月18日

ライスター&フェルメールSQのブラームス:クラリネット五重奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ライスターのクラリネット、フェルメールSQが、流暢で見事な演奏を聴かせる。

ライスター3度目の録音で、今回はアメリカのイリノイ大学の教授達によって組織されたフェルメールSQとの共演。

ライスターは人も知るベルリン・フィルのソロ奏者だった。その超絶的なテクニックと高い音楽性は定評がある。

現代最高のクラリネット奏者といわれているだけに、その円熟した、彫りの深い表現は見事だ。

ライスターはこの曲を得意中の得意としているが、前2回に比べよく歌い、一段とニュアンスにとんだ表情豊かな演奏となっている。

ライスターは細みの音で表情豊かに歌って聴かせるところなど、さすが堂に入っている。

ブラームスの晩年の作品にしては、若々しくあり過ぎるという非難もあろうが、テクニックの流暢さと音楽性の高さは、他の追随を許さぬ説得力がある。

ここでも、この作品のもつ寂寥感を、しっとりと落ち着いた響きで、悲しいまでに美しく旋律を歌わせながら表現している。

フェルメールSQのアンサンブルも、緻密で優れているが、音楽の練れ具合がもう一歩で、演奏が過熱しすぎたところがあったのが惜しい。

総じていえば、ブラームス晩年の淋しさを強調する演奏となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | ライスター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ