2010年03月31日

シャイーのブルックナー:交響曲第7番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シャイーのレコード第3作で、初のブルックナーだった。

若手だったシャイー指揮ベルリン放送響が、しがらみから解放された新鮮な解釈で、この上なく魅力的になっている。

ノヴァーク版による第7番は、意外に成功している例が少ないが、これは若きシャイーが、曲の抒情性をうまく引き出した成功例。

シャイーのブルックナーは、いわゆるドイツ=オーストリアの伝統とはやや異なった様式感覚に支えられている。

明るく華麗な音彩が、ブルックナーとは異色の演奏と感じさせる。

ややプッチーニ的なリリシズムだが、押しつけがましさはなく、テンポ設定も自然なほう。

宗教的な要素に決別して、純音楽的に再現したのが魅力である。

音楽は情熱的であり、メリハリが鮮明だ。しかし弱音のデリケートな美しさが随所に示されており、シャイーの感性の鋭さをうかがわせる。

ブルックナーの旋律がこれほど朗々と、そして美しく歌わせた演奏というのも、ちょっと見当たらないだろう。

全曲を通してテンポに無理がなく、シャイーが素直にブルックナーに対しているのがよくわかる。

実にフレッシュで、明るさと開放感に溢れ、それらが適切にコントロールされているため、かつて新鮮な感動を受けたトスカニーニのベートーヴェンやドヴォルザークなどを想起させる。

この演奏は異文化の接触にも似たさわやかな緊張によって、聴き手を魅惑せずにはおかない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | シャイー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ