2009年10月03日

クリュイタンスのドビュッシー:ペレアスとメリザンド


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリュイタンスは、ドビュッシーの管弦楽曲で優れた演奏を聴かせてくれたが、《ペレアスとメリザンド》でも音楽の微妙な響きを見事に再現している。

演奏は、申し分なく美しい。

クリュイタンスの指揮も絶妙で、声に沿って静かに流れ続けるときの見事に抑制された表現も聴きものだが、数多い間奏の気分のもたせ方もうまい。

微かなアクセントで流れてゆく声にオーケストラが繊細な色彩を重ねてゆく。

構造の隅々まで神経の行き届いた彼の解釈は、カタストロフに向かう劇と音楽の緊張感を、自然で美しい流れをもってつくり出している。

フランス語の美しさをいかした歌手達、ジャンセン(T)、スゼー(br)、ロス・アンヘレス(S)、コラール(Ms)など、当時第一線歌手の好演も忘れ難い。

特にジャンセンはうまい。

スゼーも役の雰囲気が出ている。

デ・ロス・アンヘレスは声の美しさと精妙なテクニックを豊富に聴かせる。

フランス国立放送管弦楽団の繊細な音色も魅力の一つである。

モノーラル録音ながら、この曲の最高の演奏といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:44コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | クリュイタンス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ