2010年03月18日

アバドのドビュッシー:ペレアスとメリザンド


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アバドの当オペラ初録音で、ドビュッシーが出版譜に200カ所におよぶ校訂の手を加えた未出版譜によっている。ウィーン・フィルにとっても初の録音である。

アンゲルブレシュトをはじめとして《ペレアス》にも名盤が多い。

蠱惑的な美の極致をゆくカラヤン盤の妙味も忘れ難いが、ともすると饒舌になりすぎるきらいがあり、それがドビュッシーの枠に収まりきらない場合があるのに対し、アバドは透明感と静謐の美学を本領としながら、ウィーン・フィルのしなやかな音を、雄弁に(饒舌ではなく)使いこなしながら、くぐもるところのない、くっきりとしたドビュッシー像を描いてゆく。

また、アバドの指揮は劇的な切り込みが刺激的で鋭く、ウィーン・フィルも甘美さを隠し味に、ほの暗く青白い光を放つヴェールを被せたような響きでドラマを雄弁に語る。

非常に新鮮な感触の《ペレアス》ができあがっている。

配役ではユーイングのメリザンドが素晴らしく、多彩な声とニュアンスを駆使し、持てる可能性の全てを発揮した名唱だ。

ダムはゴローを熱っぽく表現して余すところがなく、ル・ルーも洗練された歌唱でナイーヴなペレアスの性格をよく伝える。

ユーイング、ル・ルー、ダムという顔ぶれは、アバドの抒情路線には適性を示しており、役柄に恵まれた、一期一会の録音と言えるかも知れない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ