2010年09月22日

ザンデルリンク&フィルハーモニア管のマーラー:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この曲にはテンシュテットとかベルティーニとか、注目すべき演奏がいくつもある。が、ここでは意表を突いてザンデルリンクの録音を挙げよう。

ザンデルリンクが作り出す音楽は、さしずめブロンズ像のようなもので、細部の再現性ではなく、全体の大づかみな構築を問うている。

だから、作品がたくましく聴こえる。

このたくましいとは、もちろん他人よりも大きな音を出すとか、響きが分厚いといったことではない。

例えば、両端楽章は大きな振幅でうねる。そのうねりに神経質なところがなく、実に自信があるのだ。

これで聴くと、ザンデルリンクが超一流オーケストラばかりでなく、二級楽団も頻繁に指揮していた理由がわかる。

こうした音楽作りなら、技量が超一流でなくても、指揮者の言いたい要点を実現できるのだ。

このザンデルリンク流が細部ほじくり型よりも容易な演奏法だということはまったくない。

単にうるさいところは強く弾き、メロディは歌いまくればこういう演奏になるかと言えば、そんなことはないのである。

フレージングの力学に通じ、どうすれば音楽が自然に流れるように聴こえるのかを知らなければならない。

ザンデルリンクはその技の極め付きの名手であり、彼の手にかかると、複雑なこの交響曲もじつにやすやすと流れていくのである。

例えば、第4楽章は誰もが心をこめて歌う楽章だが、感情移入という点ではバーンスタインらのほうがザンデルリンクよりもよほど熱烈だ。

ザンデルリンクの演奏では感情の力学ではなく、響きの力学に従って音楽が先に進む。

だから、この楽章がことさら嘆きとか悲しみを訴えることはなく、美的なものとして現れてくるのだ。

この太い名木を組み合わせて作ったような感触のフィナーレが私は大好きである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(2)マーラー | ザンデルリンク 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年05月21日 10:11
4 ザンテルリンク, この指揮者の素晴らしさを多くの音楽ファンに是非知ってもらいたいと思います。残念ながら9年前に亡くなりましたが, 彼のハイドン, ブラームスそしてショスタコーヴィッチ(15番)は特質すべき名演でした。マーラーの9番も例外ではなく, 圭角のとれた深みのある秀演だと思います。バーンスタインは勿論素晴らしいのですが(特にベルリンフィル盤), ジュリーニとバルビローリも忘れてほしくないと思います。
2. Posted by 和田   2020年05月21日 12:37
ザンデルリンクは起承転結、音楽の進行の仕方がしっかりしていて、音楽がよどみなく流れます。この基本ラインがいつも守られているので、一流楽団でなくても聴き応えがします。
この人はフレーズのつかみ方、音楽の捉え方の息が短めなので、短いサイクルで音楽が変化するブラームスが特に向いており、実際、2種の交響曲全集はとてもいいですね。各パートがからみあって情感を豊かに湧き上がらせ、見事。指揮者の腕前は一目瞭然です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ