2014年09月06日

ナイ&コンヴィチュニーのブラームス:ピアノ協奏曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1955年3月3日 コングレス・ハレ、ライプツィヒでのライヴ(モノラル)録音。

エリー・ナイ(1882-1968)は20世紀前半に活躍したドイツの名女流奏者。

ドイツでかつて“ピアノの女神”と称えられたエリー・ナイは、わが国では不当に低く評価されていないだろうか。

彼女のベートーヴェン演奏は、バックハウスやケンプとは比較にならぬほどの“尊敬”と“敬愛”を集めていた。

E・フィッシャーと並んで、ドイツ・ピアニズムの精神性を、“信仰”の次元にまで高めたのが、ナイの演奏であった。

ナイは戦前から活躍しながら、わが国ではあまり知られていないが、ベートーヴェンとともにブラームスも得意のレパートリーとしていただけに、力強い構成力と優美な情感が結びつき、聴き応えがある。

ひとつひとつの音の表情が細かいため、フレーズに豊かな感情が息づき、それが強い推進力と相俟って充実した演奏を生み出している。

テクニックは万全ではなく、むしろ、老境にあるナイのピアニズムは拙々としたものだ。

しかし、この同曲の「精神美」の本質を、最もドイツ的な美意識とドイツ的な語法を用いて演奏したナイのこの録音は、永遠に伝えられるべきものである。

コンヴィチュニー指揮のゲヴァントハウス管弦楽団も同じ傾向の演奏で、ドイツ人の典型的なブラームスが聴ける。

コンヴィチュニーの重厚な伴奏はオーケストラ音楽としての、この名曲の真価も存分に堪能させ、それに融合したナイの深々とした叙情とバックハウス、ケンプに伍して一歩も引かないスケールを誇るこの名演は、ドイツ音楽、ドイツ型演奏の愛好家には堪らない逸品と言えるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | コンヴィチュニー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ