2010年04月18日

ベームの「魔笛」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1964年の、ベームにとって2度目の録音で、造形のしっかりとした極めて完成度の高い、規範的な名演である。

そのドイツ的な骨太の表現はいかにもベームらしい。

きびしい造形的な表現のなかにもメルヘン的な素朴さと、伸びやかなファンタジーを失わず、複雑な内容のすべてを的確に語り尽くしながら、格調と統一も失っておらず、真にドイツ的なジングシュピールの世界を作り上げている。

しかもこの人の演奏にはえもいわれぬ風格があり、そうしたところに強くひかれる。

この演奏は、まず何といってもカール・ベームのモーツァルトの音楽の正統的ですぐれた解釈がその基本になっているが、そのほかにも多くのすぐれた点がある。

まず全体の構成からいうと、音楽の間に入れられるセリフの部分が簡潔に、しかも必要かつ充分であることが挙げられる。

次に歌手では、タミーノ役のヴンダーリヒがすばらしく、若くして亡くなったこのテノールの貴重な録音であること、パパゲーノ役のフィッシャー=ディースカウはやや真面目さを感じさせるが、表現力は抜群で、最後のパパゲーナとの二重唱も絶品である。

ピータースの夜の女王の弱さが気になるが、その他の歌手たちはいずれも粒揃いで、とくに重唱の部分のアンサンブルの良さにも注目される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:02コメント(2)トラックバック(0)モーツァルト | ベーム 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by klavierchan   2010年04月19日 18:04
TBありがとうございました。
ベームの魔笛も機会があったら見てみたいです^^
2. Posted by 和田   2010年04月19日 18:31
klavierchanさん、コメントありがとうございます。
残念ながら、ベームの「魔笛」の映像は残されてないようです。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ