2010年08月24日

ベームの「コジ・ファン・トゥッテ」(1962年盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



戦前のブッシュ盤(グラインドボーン音楽祭の収録)をはじめとして《コジ》には名盤が少なくないが、ベームによるこの2度目の録音は非常に完成度の高いものだ。

ベームのモーツァルト・オペラ演奏の精髄がここにある。

いくぶん硬質な表現だが、モーツァルトの音楽がもつ高潔さ、美しさをこれほど見事に表出した演奏というのは、ほかにはない。

デリケートな美しさ、自発性の豊かさ、そして精神の純潔さに魅了される。

歌手ではまずフェランド役のクラウスの澄明な美声と凛とした歌いぶりが見事。極めつけの名唱といえよう。

シュヴァルツコップ(フィオルディリージ)とルートヴィヒ(ドラベッラ)という2人の組み合わせも理想的で、今日でも右に出るものがない。

このシュヴァルツコップとルートヴィヒのコンビの魅惑は圧倒的であり、どんな言葉を費やしても、この2人の名唱を誉めつくすことは不可能だ。

グリエルモを歌うタッデイは熱血漢タイプの男をリアルかつ微笑ましく歌い演じている。

ドン・アルフォンゾ役のベリーも実に味のある歌いぶり。

のちのグラモフォン盤の新録音では少し重くなるベームの棒も、ここでは滑らかに流れ、上機嫌な微笑みと機知を至る所に感じられる。

録音当時レッグが「今後20年間は生命を失うことのないレコード」と豪語したというエピソードもある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(0)モーツァルト | ベーム 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ