2010年04月20日

カラヤンのR.シュトラウス:管弦楽作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



R.シュトラウスの音楽は、オーケストレーションの華麗さとサウンド面における都会的な洗練味が、その最も重要なポイントといえるだろう。

加えて飽くなきオーケストラの名人芸と感覚的な鋭敏さも要求される。

その意味で現代の名人軍団といわれたベルリン・フィルとカラヤンのコンビは、恐らくR.シュトラウスの管弦楽曲を演奏するには、理想の顔合わせといえるのではないか。

R.シュトラウスの管弦楽作品は、コンセプトはロマン派的だったが、構成的には極めて古典的なものである。

そのほとんどの交響詩は、ロンド形式、ソナタ形式、変奏曲形式のような、古典の枠組みによって支えられている。

そのことがつまりこれらの作品に、標題から離れても観賞出来る普遍性を持たせているのである。

カラヤンはそうしたことを熟知して、極めて優れた職人芸で、これらの作品を料理している。

錯綜したオーケストレーションの綾を解きほぐし、誰にでも分かるように整理して演奏されている。

そして彼の意図をベルリン・フィルは他のどの団体よりも鋭敏に反応して、オーケストラの名人芸を繰り広げている。

シュトラウスの作品に精神性や哲学はいらない。徹底した職人芸さえあれば、それで曲は立派に生かされるのである。

その輝かしくも官能的なサウンドに酔い痴れる度量があれば、これが天下の名盤であるということが、たちどころに分かるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:51コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ