2010年03月25日

バーンスタイン/最後の演奏会


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このバーンスタインの最後のライヴは、バーンスタインの衰えが目立つ演奏として、一般には不評の録音である。

しかし、バーンスタイン生涯最後のコンサートは、通常の演奏とは対極的な静寂と思索を感じさせる、ある意味別格扱いの録音としてここに挙げる。

1990年夏のタングルウッド音楽祭でのこのライヴ録音は、指揮者バーンスタインの最後の演奏会であった。

これはバーンスタインの音楽づくりをよく知っている者にとって、大変に驚くべき演奏であったと同時に、"リズムのアポテオーゼ"とか"舞踏の神化"といった評言で親しまれてきたベートーヴェンの交響曲第7番を知っている者にとっても、ショックの大きな演奏解釈であった。

ここに聴かれるような静寂さと思索に満ちた演奏は皆無であったと言っても過言ではないだろう。

もちろん、これがこの作品に最適の解釈であるかどうかは別問題。

もしかしたら、仮にベートーヴェン自身がこの演奏を聴いたとすれば予想だにしなかった感動で涙するかもしれない。

エネルギッシュで激情的、かつ生命力の漲る表情というのがこの作品に対する従来の一般的な認識であったとすれば、それはここにはない。

肉体的躍動の対極ともいうべき精神的深化の極みを聴くことができよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:52コメント(0)トラックバック(0)バーンスタイン | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ