2010年01月30日

セルのR.シュトラウス:交響詩集(「死と変容」「ティル・オイレンシュピーゲル」「ドン・キホーテ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



細部までコントロールされた切れ味の鋭いR.シュトラウスである。

このスタイルが最も成功したのが「死と変容」で、ここではひとつひとつの音への追求が凄まじく、それが曲想とマッチしているため、すさまじい緊迫感を生み出している。

「ドン・キホーテ」は、この曲の代表的名盤。

明快率直、まさに青竹をすっぱりと割ったような表現である。

しかし、単に外面的な効果をねらったものではなく、楽譜の読みは実に鋭く、深い。

セルのアプローチは、全体が的確に見極められており、どこか一ヶ所だけが突出してしまうようなことなく、バランスがよい。

施された表情は、いずれもよく吟味されており、過不足なく多彩で、洗練されている。

クリーヴランド管弦楽団のすぐれた能力をフルに発揮させながら、各変奏を隙なく描きあげていく手腕は、実に見事だ。

各変奏の変化のつけ方も節度があり、ともすれば演出過剰になりがちな各変奏(特に第1,7変奏)をキリリと引き締めながら、ドン・キホーテの愉快なエピソードを巧みに描いている。

チェロ独奏にフルニエを起用したのも成功であり、傑出した演奏を聴かせる。

フルニエのチェロは実に巧く、垢ぬけしており、全体のなかに無理なく溶け込んでいる。

これはいかにもセルらしい、そして作曲家の弟子でもあった指揮者らしい精妙な演奏である。

「ティル」も同様で、明快な棒さばきできびきび運んでいく。

オーケストラのバランスがよく、ソロもうまい。オーケストラの力量にも舌を巻く。

もう少し遊びや余裕がほしいと思うのは無い物ねだりだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:14コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | セル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ