2010年01月11日

プライ&ホカンソンのシューベルト:美しい水車小屋の娘


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘルマン・プライはこの歌曲集を、エンゲル、ホカンソン、ビアンコーニと、ピアニストを異にして、私の知る限りでは確か3回録音している。

そのなかでホカンソンとのこの1枚が筆者には好ましい。

内向的なF=ディースカウの歌唱に比べると、プライは直感的に歌い上げ、こみあげる思いを外に表出していくタイプだ。

F=ディースカウのように細かいところまではいかないけれど、よりシンプルというか歌う喜びのようなものを感じさせるし、プライの持っている独特の個性は、F=ディースカウとは逆の良さがあるように思う。

その明朗で新鮮な歌声はこの人ならではのもので、ひとりの青年の甘く悲しい恋愛物語を、実に素直に表現している。

ここでの彼は美声や技巧をひけらかすことなく、また誇張した表現も持ち込むことなく、比較的淡々と、あくまでも自然かつ素直に歌い進めている。

それがこの歌曲集にふさわしく、素朴な粉挽き男の哀歓がしっくりと心に伝わってくる。

この歌曲集は、どちらかと言えばテノールで聴くほうが似つかわしい。

しかしプライの"永遠の青年"を感じさせる多感な声の輝きと、バリトンならではの陰翳の深さは、まさに一篇田園的抒情の世界を鮮やかに描き出している。

まさに青春の牧歌劇である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0)シューベルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ