2010年01月21日

プレヴィン&ウィーン・フィルのR.シュトラウス:メタモルフォーゼン、傷病兵の仕事場から


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「メタモルフォーゼン」は、第2次世界大戦末期にシュトラウスが書いた、ドイツ(特にドレスデン)やウィーンとその文化へのレクイエムである。

ベートーヴェンの《英雄》交響曲の葬送行進曲をモチーフに使い、美しくもはかない祈りとオマージュの音楽を作り出した。

弦楽器のみによる「メタモルフォーゼン」は、プレヴィンの性格のにじみ出たやや粘りの強い表現だが、それがかえって、この悲痛な音楽の内容を色濃く表出する結果となっている。

プレヴィンはウィーン・フィルの弦楽セクションを歌わせ、やや明るめの音色で曲を進めていく。

それがまた終盤の「イン・メモリアム」部分で大きなコントラストを生み出し、静かな感動を呼び起こすのだ。

それに、中間部でのせつせつとした表現は、聴いていて思わず涙ぐんでしまうほど感動的だ。

緻密なアンサンブルから生み出される、しなやかで艶のある、しかも重厚な響きはたまらない魅力だ。

シュトラウスが書いた対位法(23声部)も素晴らしいが、このCDでは流れるような旋律に酔いしれる方が先決。

ヴィオラとチェロの音色が、全体のトーンに大きな影響を与えているのも特徴だ。

現在唯一のレコードである、管楽器のみによる「病人の仕事場から」もまた魅力的な響きを具えており、ウィーン・フィル独特の音色がよく生かされた名演。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | プレヴィン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ