2010年01月23日

ハイティンク&コンセルトヘボウのR.シュトラウス:アルプス交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この指揮者のアムステルダム時代の最上の記録。

1980年代に入ってからのハイティンクの充実ぶりがよく示されており、この曲が大地に根をおろしたような再現がなされている。

ハイティンクの解釈は、作曲者の自演あるいはベームやケンペの流れを汲む。

ハイティンクのケレン味のなさが良い方向に出た演奏で、流麗な抒情性があり、深い余韻が残る。

作曲者のゆかりの深いコンセルトヘボウの力量を存分に駆使して、重厚で艶やか、密度の高い響きで全曲を統一している。

いかにもハイティンクらしく、そして、このオケらしく、悠然と構えた演奏で、豊麗なあたたかみのある音色を生かしながら、各場面を巧みに活写している。

しかも各部の表情が端正で音楽的である。

テンポも中庸を保ち、無用に動かない。

それがこの曲の本質に迫るものであることは言うまでもない。

標題音楽的な効果をもつスコアを、各曲とも理解させながら、ハイティンクは全曲を堅固な統一で、交響曲としての様相を明らかにする。

決して大仰にならず、また色彩的にも華々しくもならず、自然な流れを尊んでいるのがよい。

低音楽器がやや重く、表現が時に鈍重で不明瞭になる気味はあるが、充実した演奏である。

ことに後半の音楽設計は見事で、第2部「頂上」の主題がトロンボーンで豪快にうたわれる場面から、有名な「太陽の動機」があらわれ、喜びのあまり「幻影」を見るシーンあたりのスケールの大きさは、凄いの一語に尽きる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | ハイティンク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ