2010年04月21日

バレンボイム&クレンペラーのモーツァルト:ピアノ協奏曲第25番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この曲は、モーツァルトのピアノ協奏曲中で最後から3番目にあたるわけだが、その書法の充実ぶりとスケールの大きさで、このジャンルでのモーツァルトの創作の頂点を極めるものと言うことができる。

この曲のそうしたスケールの大きさ、壮麗さが見事に表出されているのは、若き日のバレンボイムが最晩年の巨匠クレンペラーと共演したディスクである。

この組み合わせで、スケールの大きな作品である第25番を選んで演奏したことが、まさに一期一会とも言うべき稀有な成果を挙げている。

クレンペラーの指揮によって、作品は筆舌に尽くしがたい深遠さと巨大さを獲得する。

そこに精妙にして情感に富んだバレンボイムの初々しいピアニズムが絡む。

クレンペラーの悠然たるテンポ、巨大で確固たる造形に身をまかせて、バレンボイムがみずみずしく、しかも表情豊かな演奏を聴かせる。

確かにこの協奏曲は、ハ長調で書かれた平明で壮大な曲ではあるが、実はしばしば短調に傾き、光と影の微妙な交錯を宿している。

バレンボイム/クレンペラーの演奏は、この曲の魅力であるそうした崇高な翳りと輝きの交錯を表現することにおいて最高である。

曲中でつねに重要な役割を果たす木管楽器の美しさも特筆すべきであろう。

クレンペラーの偉大さと若きバレンボイムの早熟な才能。まさに記念碑的名盤と言うにふさわしい。

モーツァルトの繊細な光と影の世界を偉大な造形のなかに現出させた、後世に語り継がれるべき至高の名演だ。

バレンボイムはこのあと、2度この曲を録音し、それらも素晴らしい演奏だが、最初の録音の印象があまりにも強すぎる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:48コメント(2)バレンボイム | クレンペラー 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2019年12月19日 09:22
5 地球の裏側のチリからお便りします。全くその通りで嬉しく感じました。バレンボイムとクレンペラーの25番は最高で,後のバレンボイムの演奏を凌駕します。私が購入したのは二人が微笑みながら向かい合っている写真のLPでした。バレンボイムは余り好きなピアニストではないのですが,若い頃のモーツアルトの演奏は特別です。特に22番から25番は素晴らしい。ウイーンフィルとの弾き語りをしたザルツブルク音楽祭での24番は今もって最高でした。故宇野功芳氏が全てのモーツアルトの中でバレンボイムの22番が最高という意見にも賛同せざるをえません。
2. Posted by 和田   2019年12月19日 12:13
小島晶二さん、コメントありがとうございます。
バレンボイムは指揮者としてもピアニストとしても一流を極めた、史上唯一の演奏家だと考えています。
南米出身ながら、伝統的なシュターツカペレ・ベルリンから最もドイツ的な音を引き出しています。
私はコンサートで、前半にベートーヴェンのピアノ協奏曲の弾き振り、後半に交響曲を指揮する一連の来日公演に接しましたが、終演後何度も聴衆に呼び戻されてもアンコールに応えられないほどの大変な力演、熱演でした。
彼はモーツァルトのピアノ協奏曲全集は2度も録音しているのに、不思議なことに交響曲には着手していませんね。
またのコメントをお待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ