2010年05月29日

ドラティ&フィルハーモニア・フンガリカのハイドン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ハイドンの交響曲全集はこれが初めてで、ドラティの代表的業績に数えられる素晴らしい名演だ。

1969年から72年の短期間にこの偉業を達成したのは驚くべきことである。

古楽演奏のスペシャリストたちが次々とハイドンの交響曲を録音しているが、レコード史上初の画期的な大企画として、またドラティ畢生の仕事として、この全集は忘れることはできないだろう。

ピリオド・アプローチが幅を利かせつつある今日のハイドンの演奏様式と比べると隔世の感があるのは否めないものの、交響曲の分野におけるハイドンの作風の変遷を的確に描き分けたドラティの手腕は高く評価すべきであり、実際の音でハイドンの交響曲の世界を概観できるようになった意義はきわめて大きかった。

ほとんど顧みられないオペラにも取り組むなど、ハイドンに傾倒していたドラティの演奏は、作品への愛着と自信を示すとともに客観性を失うことなく、ひき締まった表現の中にハイドンならではの機知とユーモア、また大らかな楽しみを格調高く表現している。

これほどムラなく、優れた客観性をもって演奏された全集は、今後も長く望めないだろう。

個々の曲にはよりすぐれた個性的な演奏もあるが、ムラのない演奏はいかにも全集にふさわしいし、R・ランドンの校訂譜による演奏である点も信頼される。

無用な誇張や思い入れを厳しく排し、ハイドンの古典的な楽想を明快に表現しきった老匠ならではの偉業といえるだろう。

フィルハーモニア・フンガリカはハンガリーからの亡命者によってドイツのマールで結成されたユニークな団体。

この大部のアルバムは2001年に解散を余儀なくされたこのオーケストラの最大、かつ最良の遺産である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:36コメント(2)ハイドン | ドラティ 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年01月26日 10:22
4 確かにドラティのハイドン交響曲全集はとてつもない偉業だと思います。学生の頃ハイドン好きの友人が購入したのには驚きました。当時はLP期ですので, 分厚い百科事典の様でした。104曲の中では100番<軍隊>か104番<ロンドン>が最高傑作だと思いますが, 私の好きなのはパリセットの84番と86番で, ザンテルリンクの心に染みる名演奏があります。以前コメントしたハイティンクが確かザルツブルグ音楽祭で一度86番を振った事が有ります。
2. Posted by 和田   2020年01月26日 11:53
私が好きなのはカラヤン&ベルリン・フィルの102番で、特に2楽章は諦観と黄昏が感じられて素晴らしいと思います。
ハイドンの交響曲全集はあとアダム・フィッシャーとデニス・ラッセル・デイヴィスを持っていますが、一番取り出して聴くのはやはりドラティですね。
あとハイドンは弦楽四重奏曲やピアノ・ソナタも聴き逃せない佳曲が並んでいて、この作曲家の確かな職人芸を感じさせてくれます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ