2011年01月25日

サヴァリッシュ&バイエルン国立管のブルックナー:交響曲第6番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



サヴァリッシュ&バイエルン国立o.のブルックナー/交響曲シリーズの第1作。

サヴァリッシュはドイツ=オーストリア音楽の名匠だが、意外にも1981年10月に録音された当盤がブルックナー交響曲の初録音だった。続いて第1、9番なども録音した。

ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場の音楽総監督として大きな足跡を残したサヴァリッシュは、アカデミー・コンサートと呼ばれるシンフォニー・コンサートでも牽引役をつとめた。

このディスクはそうした面での成果の一つで、素晴らしく端麗で晴朗なブルックナーである。

ブルックナーのあまり目立たない作品で彼らの持ち味を遺憾なく発揮している。

これほど知的に整理され、平衡感の強い造形を持つ演奏はLP初期以来無いといってもよいほど透徹したブルックナーで、ディテールのすみずみまで磨きつくされている。

知的なコントロールが行き届いた解釈で、作品のありのままの姿を浮き彫りにするやり方はこの指揮者特有のもの。

しかも、過度に客観的になることなく、音楽は熱気をはらんでいる。

オーケストラも全く素晴らしく、透明な響き、南ドイツ的な明るさも作品に極めて似つかわしい。

オルガンのストップを変えたときのような、金管楽器の音色の変化が絶妙なアクセントをもたらす。

ブルックナーとしてはいくぶん都会的かもしれないが、彼の音楽が国際化した現在、この録音は今後のブルックナー演奏の様式を示唆するものといえる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:32コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | サヴァリッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ