2010年06月14日

アルゲリッチのバッハ:ピアノ作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルゲリッチ初のバッハ・アルバムとして注目されたディスクである。

アルゲリッチのレコードはどれもすばらしいが、この唯一のバッハ・アルバムにも、彼女の魅力は、いかにも爽やかに発揮されている。

アルゲリッチは、ここでも持ち前の奔放な情熱や感興にとんだ表現を無理に押さえこむことなく、自然体でバッハに対している。

それだけにイギリス組曲やパルティータの舞曲のリズムなど、ちょっと独特のところもあるが、自分の感性と読みに忠実に、しかも、しなやかな余裕をもって弾かれた演奏は、決してバッハの音楽を歪めることはないし、思わず溜め息が出るほど清新な生命力としなやかな感興にとんだ歌にあふれている。

彼女の精巧なテクニック、輝きに満ちた音色、しなやかなリズム感、個性的な閃きなどが一体となって、生命力に富む演奏が繰り広げられている。

時として自由奔放な動きも見られるが、アルゲリッチは、天性の優れたバランス感覚を発揮して演奏の形を美しく整え、バッハの音楽を感興豊かにまとめている。

その表現は確信に満ちているが、演奏の流れが見事に統括され、美しい彫琢を見せる。

アルゲリッチのバッハで際立っているのは、リズムを歯切れよく刻みながら、それが決して機械的で乾いた演奏でなく、情趣をたたえたみずみずしい印象をあたえる点であろう。

バッハ解釈につきまといがちな重々しさがなく、たとえバッハの場合であっても、音楽が本質的に抒情的な芸術であることを教えてくれる。

この収録曲では実はリズムも重要であり、《パルティータ》と《イギリス組曲》は、舞曲から成る組曲である。

リズムに特色のあるアルゲリッチの演奏が魅力的なのも納得できる。

3曲ともすぐれた出来ばえだが、とくに《パルティータ》の味わいのある表現が素晴らしい。

アルゲリッチならではのすぐれてユニークな、みずみずしいバッハというべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:32コメント(0)トラックバック(0)バッハ | アルゲリッチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ