2010年07月21日

アバドのムソルグスキー:ホヴァンシチナ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1989年のウィーンでの上演のライヴ録音。

アバドを好きな人なら、彼のムソルグスキーへの力の入れようが尋常なものではないことを知っているだろう。

時にはそのエネルギーをプッチーニとはいわないまでも、もっとロッシーニやヴェルディに注いでほしいとも思わないでもなかったが、ウィーン国立歌劇場の音楽監督時代にライヴで録音した《ホヴァンシチナ》やベルリン・フィルとの《ボリス・ゴドノフ》の名演を聴くと、アバドのムソルグスキーの音楽に対する情熱と慧眼には敬服せざるをえない。

この作品でもアバドは周到の準備の後、ショスタコーヴィチ版(第1幕〜第4幕)と初めてフィナーレにストラヴィンスキー版を用いてオリジナルに鋭く迫り、このオペラの独創的な魅力をはじめて明らかにしている。

ムソルグスキーの本来の意図を忠実に生かした版での演奏で、アバドが音楽に内蔵されているドラマの実体をしっかりとつかみ、それに整然とした姿を与えている。

国際色豊かな配役も優れており、ハウグランドとアトラントフも申し分なく、紅一点のリポヴシェクも立派だし、脇役ながらツェドニクのうまさも光る。

また独唱陣以上に重要な役割を果たす合唱の迫力も特筆ものだ。

アバドが果敢に採り上げ、こうしてライヴ録音まで残してくれたので、この聴きごたえのある優れたオペラを知り、繰り返し堪能することができた。

ウィーン国立歌劇場音楽監督時代のアバドの大きな業績。しかもいかにもアバドらしいそれだ。

清潔でソリッド、共感に満ちた演奏も最高だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:38コメント(0)トラックバック(0)ムソルグスキー | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ