2010年07月04日

デュメイ&プラッソンのラロ:スペイン交響曲&ヴァイオリン協奏曲第1番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



交響曲となっているものの、実際には協奏曲の性格をもつ当作品は、スペイン出身のヴァイオリニスト、サラサーテからの依頼により作曲された。

スペイン色を濃厚にもつ作品をラロがかいたのは、そうした事情があったせいだろう。

だから当作品の演奏にあたっては、スペイン色との対応のしかたも大きな要素となってくる。

ここにおけるデュメイとプラッソンとは、そうしたローカル色を特に強調するようなことなく、洗練されたスタンスを保ちながら、柔軟性をもって対応しており、無理がない。

明るいトーン、素直でのびやかな表情などが効果的にいきている。

大向こうを意識するような大柄な性格ではないものの、細やかなよさをもつ内容だ。

デュメイのソロは音色が美しく、特に引き締まった高音が魅力的だ。

アーティキュレーションにも強い自信が反映され、旋律を歌わせるときには緩急の細かいニュアンスを生かしている。

このように自在で、洗練された感覚を発散するスペイン交響曲の演奏は珍しい。

協奏曲第1番では、オケののびやかな演奏とデュメイの引き締まったソロが鮮やかな対照を示し、豊かな雰囲気をもたらす。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:59コメント(0)トラックバック(0)デュメイ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ