2010年06月28日

神尾真由子のパガニーニ:24のカプリース


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この《カプリース》全曲は、私が神尾真由子のベスト録音として将来語り継がれるであろうと確信する超弩級の名演である。

彼女は、ここでその天賦の資質を完全に開花させており、テクニック的にも音楽的にも驚異的な冴えを発揮し、まさにデモーニッシュとさえも言える名技を披露している。

これを一聴したときの驚嘆は、私のうちで常に鮮やかに甦る。

難曲を相手に一歩も引かぬどころか、彼女はそれを完全に掌中に収め、非のうちどころもない奏楽を聴かせる。

しかも、聴きどころは、そこにとどまらない。

さらに感動的なのは、音楽がまさしく生きて躍動していることである。

奏でる音符が、自ずから"音楽"となって色や香りを発していくようなこの感じは、稀な天性の持ち主しか発揮できまい。

彼女が伝える一種の"妖しさ"、ヴァイオリンの奥にこもる"すだま"の声。

これがあればこそ真にパガニーニの音楽となる。

パガニーニの鬼気迫る一面を最も鮮烈に伝える演奏でもあり、将来は歴史的名演としての評価を確立することであろう。

世界中がMayukoに脱帽するのが、よくわかる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(2)トラックバック(0)パガニーニ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 三日月51   2010年06月30日 16:32
クラシック好きの友人から彼女のチャイコフスキー・コンクールのDVDを見せてもらい魅了されました。「24のカプリース」と「PRIMO」と迷った末に後者を買いました。次はカプリースを聴いてみたいと思います。
貴ブログを拝見して、世の中にはすごい人がいるもんだと感心しています。駆け出しのクラシック・ファンにはとても役に立ち、楽しみに拝見しています。
指揮者ではフルトヴェングラー派、ピアニストならグルダのファンです。
2. Posted by 和田   2010年06月30日 18:44
三日月51さん、コメントありがとうございます。
私のブログを読んでみられて、「あなたは一体誰が好きなの」と思われるかもしれませんが、私はとにかくクラシック音楽が好きなのです。
優れた演奏は、自らの好き嫌いにかかわらず、高く評価するというのが、私のスタンスです。
今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ