2022年08月11日

👍聴けば聴くほど味の出てくる名演👉グラーフ&レパードのモーツァルト:フルート協奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グラーフのスケールの大きな、ふくよかさを加えたフルートの響きと真摯な表現が大きな魅力をもって聴き手に迫ってくる名盤だ。

グラーフは母国スイスでジョネに、パリ音楽院でモイーズとコルテに師事してフランスの伝統を受け継ぐフルート奏者だが、同時に明確な個性を持っている。

モーツァルトの「フルート協奏曲」というと、とかく外面的な華やかさをねらった演奏が多いが、グラーフはそれとは反対に、おだやかで室内楽的なまとまりをもった演奏をおこなっている。

古典派の音楽というよりは、むしろ、焦点をバロック時代においているような演奏で、全体に地味ではあるが、聴けば聴くほど味の出てくる名演だ。

第1番第1楽章は旧盤の遅いテンポから普通のテンポに変わっており、レパードの指揮もあまり特徴がないが、他の楽章は旧盤と同じスタイルによる名演だ。

グラーフの表現はまことに緻密で、モーツァルト風というよりバロック風であり、じっくりとした落ち着いた感じが好ましい。

第2番も、とかく外面的な華やかさに傾きがちだが、彼のフルートは地味ながら曲の内容を生かそうと試みている。

ただし、レパードの指揮には、いまひとつうるおいがほしかった。

グラーフの演奏は決してとっつきやすいものではない。

ヴィルトゥオーゾを目指す傾向とは無縁の演奏様式である。

一点一画もおろそかにしない、知性的なスタイルの演奏で、じっと耳を傾けていると、その端然としたたたずまいに心洗われ、時としてバッハを聴いているような気分にさせられる。

いわば知的な解釈に基づいているが、どこかフラウト・トラヴェルソによる演奏との接点が感じられないでもない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:56コメント(2)モーツァルト  

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年08月12日 09:57
5 これはまた意見が合致して嬉しい限りです。モーツァルトのフルート協奏曲は私もまずグラーフの演奏を挙げます。過度なきらびやかさは無く,地味でも無い,しっとりとした美しさがモーツァルトに寄り添います。ニコレ,ゴールウェイ,ツェラーそしてパユと名盤目白押しですが,私は今でも本盤に惹かれます。レパードの指揮も緻密で良質だと思います。オーボエ版だと断然ホリガー盤ですね。
2. Posted by 和田   2022年08月12日 10:14
オーボエは並み居る猛者の中、ホリガーが最高のソリストで間違いないでしょう。第2次世界大戦後にフルートの世界は広がり、多くの優れた演奏家が生まれましたが、未だにモイーズを超える人を私は知りません。フランス人のモーツァルトに対する姿勢を示している点でも貴重です。フランス人の解釈、演奏様式は、ドイツ系のそれとは明らかに違い、フルートの音色も明るく冴えていて、響きは澄んでいます。そしてテンポは速めでリズムも軽やかです。このようなテンペラメントは、同じ作品を演奏しても独特のモーツァルト像を生み出しています。モイーズの演奏もこの系統に属していますが、古典精神に通じる端正な様式は、いわゆる"粋な"様式とは一線を画しています。そこには品位があり、それが洗練された感覚と結びついて演奏に高雅な雰囲気をもたらしています。ご意見を頂戴いただければ嬉しいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

よろしくお願いします(__)
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ