2010年06月17日

シフのメンデルスゾーン:無言歌集[選集22曲]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



メンデルスゾーンの無言歌については、収録曲数の充実した現役盤がさほど多くはないが、そのなかにあってこのシフ盤は、音質と演奏の安定度についても特に高い価値を持つ。

全部で48曲ほどある《無言歌》のなかから選び出した22曲を、シフは、周到な配列で並べ、その1曲1曲の旋律美と聴かせどころを、よくおさえて弾いている。

シフは、メンデルスゾーンの音楽をありのままに浮き彫りにしてみせる。

豊かな響きが印象に残るが、へんに感傷に浸ってしまうことなく、淡々とさりげなく流すところは流している。

明るいトーンを全面に出しながら、各曲がすっきりとまとめられているとも言える。

そして、そのなかに、バランス感覚に優れたこのピアニストらしいセンスの良い表現が散見される。

ロマン的な情感を誇張することもなければ、技巧をことさら誇示することもない。

実像より大きくも小さくもなく、隅々にまで血の通っているメンデルスゾーン。

シフはメンデルスゾーンのいかにも育ちの良い穏和なリリシズムを、まさにそのようなものとしてすっきりと弾き表している。

明晰で澄んだ響きをもってメンデルスゾーンの余情を余すところなく聴き手に伝え、速めのテンポによるすっきりとした音楽の流れは、音楽することの喜びをいっぱいに歌っている。

シフにはいずれいっそうの精神の自由を獲得した暁に、ぜひ全曲を吹き込んで欲しいと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(2)メンデルスゾーン | シフ 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年02月14日 09:38
4 当方夏休みに入り, チリ南部のコンセプシオンで静養しています。シフは抒情性が底光りするピアニスト, バッハやモーツアルトも素晴らしいですが, よりしっくりくるのはシューベルト。無言歌も勿論素晴らしいですが, 私の本曲集の一押しは以前モーツアルトのピアノ協奏曲の際に述べさせていただいたペライア盤です。
2. Posted by 和田   2020年02月14日 12:44
ペライアの無言歌集は聴いたことがありません。参考にさせていただきます。
シフについてはベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集を買いたいのですが、高くで手が出せません。
ハイティンク&シュターツカペレ・ドレスデンとのピアノ協奏曲全集は持ってますが、素晴らしい出来です。
ハイティンクは2019年に既に引退してましたね。私の記憶違いでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ