2010年06月22日

インバルのベルリオーズ:幻想交響曲/レリオ&劇的交響曲「ロメオとジュリエット」&劇的伝承「ファウストの劫罰」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

この「幻想」は知的で明晰な表現が、きりりと引き締まったアンサンブルで展開されている。

第1,4楽章の反復指示が実行されているのも、インバルが交響曲としての本質を重視していることを物語っている。

インバルは標題的な効果ではなく、音楽そのものに深く共感しているため「野の風景」のテンポやフレージングも妥当で、表情豊かな音楽が作られている。

「レリオ」はメスギシュの巧緻なナレーションがひときわ目立つ。

「ロメオとジュリエット」の演奏はまさにインバルらしく知的・明晰・繊細で、清澄な美に満ちあふれている。

ブロローグの合唱は少人数と思われるがオケとともに整然と磨き抜かれ、ドゥニーズの独唱が実に魅惑的な美声で心打つ抒情をくりひろげる。

コール、ロイドも非常に優秀だ。

インバルはこの優れたオケと独唱・合唱を武器として、変転する各部を有機的に関連させ、独自の劇的交響曲の様相を鮮明に表出している。

「ファウストの劫罰」では、インバルは適切なテンポで、各場面の音楽それぞれにふさわしい表現を与えている。

合唱団も「エピローグ」は別として立派に歌っているし、フランクフルト放送響も、色彩感がもう少し欲しい気もするが、インバルの指揮によく応えている。

また独唱者たちも揃っており、ロイドの貫録、ユーイングの細やかな表情、グヤーシュの若々しい情感など、それぞれ立派だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(0)トラックバック(0)ベルリオーズ | インバル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ