2014年04月07日

コープマン&アムステルダム・バロック管のモーツァルト:交響曲第25番、第29番&第33番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



古楽器アンサンブルの演奏で何と言っても面白いのはコープマン盤だ。

管と、ごく小編成の弦が対等に渡り合い、これまで聴いたことがない絶妙のバランスで、作品に新鮮な光を当てている。

音色も、リズム、アーティキュレーション、フレージングもユニークで、各声部の思いがけない対話や主張を楽しむことができる。

コープマンの指揮する演奏はどれも生き生きとして、音楽をする喜びに溢れたものばかりだが、古典派のモーツァルトの音楽にはその意味においてぴったりと言えるだろう。

古典の枠組みの中ではあるが、モーツァルトの音楽は常に感情がその中に渦巻いている。

オペラでは言うまでもないが、交響曲、特に数少ない短調である第25番においてもしかりで、この演奏にはコープマンならではの情動の揺れというものが明らかにされている。

冒頭のリズム、低声部と上声部のシンコペーションのズレによって激しい状態がつくり出されるが、ここだけを聴いてもコープマンの音楽が他と比べても、その揺れが抜きん出ていることがわかるだろう。

コープマンは通奏低音のチェンバロを弾きながら指揮をするが、そのためいかにも鍵盤楽器らしいバランス感覚があり、しかも新鮮だ。

3曲とも洗練された優雅な表現だが、第33番の第1楽章に見られるようにリズムの刻み方が独自であり、合法則的である。

したがってどの曲にも生き生きとした躍動感と活力があるが、一方歌うべきところでは柔軟な表現が美しく、味わい深い。

モーツァルトの様々な仕掛けが次々微笑みを投げかけては、またすぐ新たな愉悦の瞬間が待っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:05コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ