2010年11月23日

アバド&ヨーロッパ室内oのハイドン:「ロンドン・セット」交響曲より(7曲)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これはあらゆるハイドンの演奏でもトップクラスの名演だ。

第93番でアバドは、細部に精確さとともに個性的かつデリケートな表情を与えており、躍動的な演奏を聴かせる。

それは明朗・率直・開放的で、まさに現代感覚によるハイドン演奏の典型と感じられる。

「奇跡」は冒頭から得もいわれぬ気品があり、すみずみまで行き届いたアンサンブルが素晴らしい。

若々しく明晰で、清澄・端正、古典の真髄をきわめた表現ともいえる。

「時計」も名演で、旋律線の流動が印象的。トゥッティも力強い効果があり、しかもアンサンブルの美しさは絶品だ。

ヨーロッパ室内管弦楽団は、アバドの提唱によってECユース・オーケストラ在籍者から選抜して作られた室内管弦楽団。

創設は1981年。第96番が収録された86年はその5年後ということになる。

旧来の大編成オーケストラによるハイドンに見直しを加え、個々の奏者の自発性をいかした溌剌とした演奏を展開している。

ヴィブラートは控え目ではあるが、アーティキュレーションについてはピリオド・スタイルを踏襲するまでには至っていない。

若々しい情熱の発露は実にすがすがしい。

第101番ではより表現に奥行きが生まれ、ハイドンの音楽が持つ多様性が描き出されている。

オーケストラの成長を4枚のディスクで追うことが出来るのも興味深い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:06コメント(0)トラックバック(0)ハイドン | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ