2011年01月04日

ベルガンサ/スペインを歌う


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



テレサ・ベルガンサは、ご承知のとおり、20世紀末までわずかの老いも見せず活動を続けた"世界一のメゾ・ソプラノ"(カラヤンの言)である。

ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、モンセラート・カバリエ、ピラール・ローレンガー等々、並みいるスペインの先輩・同僚たちの中で、とりわけ人々に感動を与え、大きな説得力の源ともなるのは、ベルガンサの歌唱の精確さであろう。

常にきりりとして情に溺れないベルガンサだが、さらに私たちを感動させるのは、彼女の歌がそれでいながら少しも理知的な冷たさには陥らず、必要なだけの情緒、魂のほてりは、しっかりと伝わってくることである。

そうした芸風は、得意とするモーツァルト、ロッシーニをはじめとするオペラの数々、古今諸国の芸術歌曲にも変わりなく聴かれるが、とくに彼女の大切にしているジャンル、故国スペインの歌を手がける場合には、際立って鮮やかに現れる。

ここに選んだCDは、彼女が1970年半ば、ギターの巨匠ナルシソ・イェペスと共演の機会を得て録音したファリャ《7つのスペイン民謡》(イェペスによるギター伴奏版)、音楽家としても才能を発揮した夭逝の名詩人ガルシア・ロルカの《13のスペイン古謡》を中心に、F・ラビーリャのピアノ伴奏によるトゥリーナ、モンサルバーチェなどの歌曲も加えた1枚。

すでに言ったとおりのベルガンサならではの魅力・風味に満ちていながら、それにのみ頼らない真の芸術的歌唱に貫かれている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ