2010年07月19日

メータ&ロスアンジェルス・フィルのストラヴィンスキー:春の祭典、ペトルーシュカ、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



若きメータが持てる実力を全開させたロスアンジェルス・フィル時代(1962-78)の録音の代表作。

若き日のメータの代表的名盤のひとつ。録音当時33歳。しかしロスアンジェルス・フィルに迎えられてすでに7年、彼の名声はめきめき上昇しつつあった。

LP初出の段階では《15人の打楽器奏者のための8つのミニチュア》という珍しい曲を余白に収めていたことでも話題になった(当盤はオリジナルでのCD化)。

《春の祭典》が断然優れている。

スケールが大きく、かつ彫りが深い。

メータはやや遅めのテンポでじっくりと運びながら、この作品の野性味と東洋的神秘感をものの見事に表出している。

録音当時33歳とは思えないほどの綿密な設計力だ。

メータの《春の祭典》はのちのニューヨーク・フィル盤(2種類)もあるが、評判はむしろこちらの方が良く、実際名演奏と呼ぶに価する。

昨今のメータの悠揚迫らざる風格の代わりに、ここにはいかにも若々しい覇気がある。

「春祭」がオーケストラの人気曲にのし上がったのはこのあたり(1969年)からだったろうか。

《ペトルーシュカ》は、線が鋭くリズム感覚も鮮やかだが、第3場など少々作為の目立つ表現が難点だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:43コメント(0)トラックバック(0)ストラヴィンスキー | メータ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ