2010年07月24日

シェリング&ルービンシュタインのブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シェリングとルービンシュタイン共演による1960年代の名全集。パールマンとアシュケナージ盤が新世代を代表する全集なら、こちらは旧世代を代表する全集といえよう。

シェリングを世界の檜舞台に引っ張り出したのはルービンシュタインその人だった。

1954年、ルービンシュタインはメキシコを演奏旅行するが、そのときメキシコに帰化して活動していたシェリングと出会った。

2人は音楽的に認め合えただけでなく、ともにポーランド出身で亡命生活を余儀なくされている者同士だった。

ルービンシュタインはアメリカにシェリングを紹介し、名刺代わりにRCAに一連の録音を行なった。

その中の最も大きな成果がこのブラームスのソナタ集である。

19世紀的なサロンの空気を知るルービンシュタインのロマンティックなピアノに乗って、シェリングがブラームスの旋律美と憂愁を端正に、かつ情熱的に歌い上げている。

録音時、シェリングは42歳だったが、世間的にはまだ新鋭。ルービンシュタインは73歳に手が届く巨匠であった。

そんないきさつから、ここではルービンシュタイン主導の演奏が繰り広げられる。

シェリングは大家ルービンシュタインを前にして、多少引っ込み思案気味。

端正な美音を誇るシェリングだが、この時期の彼は、巨匠を前にしてまだ多少かしこまっている印象を受ける。

例えば第1番第3楽章がそうだ。

しかしシェリングが生み出す端正な表情は、ルービンシュタインの絶妙なサポートのもとで、ブラームスの古典的な気質をクローズアップしている。

そこを評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:09コメント(2)トラックバック(1)シェリング | ルービンシュタイン 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. フォルテピアノ数寄/ポルタメント好き 雨を楽しむ「雨の歌」  [ 一致する不一致 ]   2010年07月24日 21:30
2年前くらいに買った1枚。この時季、なかなかよろしいかと。   [[attached(0,class=popup_img_352_313 width=300 height=267)]] ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集 トーマス・アルベルトゥス・イルンベルガー(vn)/エフゲニー・シナイスキー(P) ヴ...

コメント一覧

1. Posted by Romanesca   2010年07月24日 21:55
このたびはトラックバックありがとうございました。
こちらでもトラックバックバックさせていただきました。

シェリング=ルビンシュタインの盤は聴いたことがありませんでした。面白い組合せだと思いましたが、二人にそんな成り行きがあったとは知りませんでした。
今度トライしてみたいと思います。

2. Posted by 和田   2010年07月25日 15:25
Romanescaさん、TB及びコメントありがとうございます。

この盤は持っていて損はない演奏です。ぜひ聴いてみて下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ