2010年11月27日

リリングのバッハ:宗教声楽曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「ロ短調ミサ」は流麗なバッハ演奏で、かつてリヒターが聴かせたような、緊張の極限にあって、魂の救済を天に叫ぶような痛切さはない。

その代わり、穏やかな心とやさしい眼差しがある。

いかにもリリングらしい、こまやかな心遣いが細部にまで感じられる。

バランス設計も見事で音楽の流れに淀みがない。

合唱は、リリングのバッハをよく理解した緻密な歌いぶり。合奏団も、ややイタリア風のバッハを伸び伸びと演奏している。

「マタイ受難曲」も「ロ短調ミサ」と同様に、温かい血を通わせたリリングのバッハ演奏。

バッハを生きた現代の音楽としてとらえ、従来のリゴリズムから解放された自由な世界がひらけている。

テクストの分析も、音とのかかわり合いの中で、見事にその核心を突いているが、この演奏からはリリングの考えと、作品の持つ強烈な訴えがなかなか伝わってこない。

水準の高い演奏だけに、今一歩の実在感の不足が惜しまれる。

「ヨハネ受難曲」でリリングは冒頭から緊張力にあふれた音楽を紡ぎ出す。これまでの種々の録音にも増して、今回は劇性を全面に押し出しているのである。

そして合唱の扱いにも独特の斬り込みの深さを見せ、第21番「私たちに救いをもたらし」はオリジナル楽器奏法をなぞるような唱法。

ただ福音史家を歌うシュライアーはやや表現過剰。F=ディースカウも声の衰えが著しい。

女声陣の中ではオジェーが特に後半の歌唱で充実した歌を聴かせる。

リリングの伸びやかで温かい音楽作りは、「クリスマス・オラトリオ」にもよく合っていて、どのナンバーでも流麗なバッハを聴かせてくれる。

4人の独唱者も、それぞれがリリングと水も洩らさぬ共働ぶりで立派に歌っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:25コメント(0)トラックバック(0)バッハ  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ