2010年10月05日

ハーン&マリナーのストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



天才が自在に溌剌と楽しく再現した"祭りのような協奏曲"である。

傑作であるにもかかわらず、ストラヴィンスキー的でないとしてさほど採り上げられる機会がないが、無類の楽しさと予想外の美しさにあふれ、しかも明らかに19世紀のヴァイオリン協奏曲とは異なる美学がベースとなって生まれた名品である。

私のブログのコメントに、ヒラリー・ハーンの賛否両論が展開されているが、既出のディスクのなかでは、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を、ハーンの代表的ディスクとして、採り上げる価値があろう。

1979年アメリカ生まれの女流ヴァイオリン奏者ヒラリー・ハーンはヴァイオリンのために生まれてきた天才であろう。

この録音は2001年のことだから22歳のときに収録されている。

テクニックやセンスや音色の素晴らしさ、そこに漂うモダンな音楽性と品性も気持ちがいい。

しかしそれ以上に特筆されるのはストラヴィンスキーの難曲があたかも彼女のための子守歌でもあるかのように自在に、自由に、溌剌と、そして楽しく再現されていく手腕の見事さであり、その語り口の巧さに舌を巻くしかない。

名演という名のマジックである。

演奏家の世代交代は常に行なわれている。しかもそのテンポは速く、激しい。

ハーンは選り抜きの一人。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:17コメント(2)トラックバック(0)ストラヴィンスキー | ヒラリー・ハーン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by VC・PCが好き   2010年10月13日 17:44
5 ハイフェッツやオイストラフがヴァイオリニストの歴史に残るとは思いますけど、ヒラリー・ハーンさんの場合はどう思いますか?
2. Posted by 和田   2010年10月13日 19:25
難しい質問ですね。ハーンは現在まで演奏会活動もレコーディングも精力的にこなしていて、人気のあるヴァイオリニストですけれども、まだ未知数。現状ではハイフェッツやオイストラフのような真に偉大なヴァイオリニストの仲間入りはしていないと思います。
期待の若手であることは確かです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ