2013年12月31日

メータ&ロスアンジェルス・フィルのホルスト:惑星、ウィリアムズ:スター・ウォーズ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



若きメータのロスアンジェルス・フィル時代の屈指の名盤。

《惑星》は、地球を除く太陽系の7つの星(冥王星はまだ発見されてなかった)をギリシャ神話の神々に見立てて表現した、近代イギリスの作曲家ホルストの作曲によるダイナミックなオーケストラ作品。

今やSF映画の古典的名作となった《スター・ウォーズ》の音楽とのベスト・カップリング。

実に語り口のうまい演奏だ。

メータは巧みな棒さばきで、それぞれ趣を異にする各曲を表情豊かに描き分けている。

1曲1曲の彫琢も入念で、しかも全体を少しの乱れもなくしっかりと構成しているあたりはさすがだ。

ことに「水星」「木星」「土星」が優れている。

《スター・ウォーズ》併録というのも楽しい。

メータがハリウッド・ボウルで、レーザー光線とともに《スター・ウォーズ》組曲を演奏したとき、ロスの市民は「スービー・ベイビー」と、彼をはやし立てたものである。

スターになったメータは、《スター・ウォーズ》の路線で《惑星》に挑戦して、たちまちベスト・セラーをかっ飛ばした。

そうしたノリで制作された1枚だけに、ここで展開されているのは、オーケストラによるスペクタクルである。

特にダイナミック・レンジが広大で、圧倒的な迫力とともに、それぞれの楽器がソロ的に浮かび上がる、独特の録音効果も魅力的だった。

メータの指揮にもロマンティックなうねりがあり、それがあまたのこの曲の異盤と隔絶している所以でもある。

音質もデッカならではの優秀録音だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:40コメント(0)トラックバック(0)ホルスト | メータ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ