2010年08月07日

バレンボイムのモーツァルト:ピアノ協奏曲全集(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バレンボイムはベルリン・フィルとともに第2回目の全集収録を完成させたが、これは、バレンボイムが指揮者として初めて深い関係を持ったイギリス室内管弦楽団と共演して1967年から1974年にかけて録音した第1回目の全集録音。

バレンボイムの弾き振りによる全集。

彼は弾き振りをも得意としているようで、すでにベートーヴェンの協奏曲全集も録音したりしている。

ここに聴くバレンボイムのモーツァルトは、決して軽妙で流麗という性格ではないけれど、安定した打鍵でしっかりと弾かれており、独特のエネルギッシュな魅力を持っている。

全集だけに曲によって多少のバラツキもなくはないが、全体としてみれば、音色の多彩さや、緩急、強弱の幅を実に自在に扱いながら、表情に豊かな彩りと内省の深さがあり、非常に水準の高い演奏が展開されている。

再録音と比べると巨匠的な音楽の大きさには欠けるものの、手塩をかけて磨きをかけたことが窺われる演奏はどれをとっても惚れぼれとするばかり。

美しいタッチできわめて自然に旋律を歌いあげ、その音楽を等身大に描いた現代におけるモーツァルト演奏の一つの理想像を示したものといえよう。

思い切りの良いオーケストラ・コントロールもなかなか聴き応えがある。

現在では指揮者としての活躍がメインとなり、表現意欲が走るようになったバレンボイムだが、これはピアノと指揮の活動の比率がちょうどモーツァルトの協奏曲演奏にふさわしかった時に収録された記念碑的全集である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:49コメント(2)モーツァルト | バレンボイム 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年04月04日 10:03
5 以前お話しさせていただいたので,全く異論はありません。バレンボイムの新盤は流石に平均点が高く録音も上質ですが,バラツキがあるものの若々しさと多彩さを放つ旧盤には確かに強く惹かれます。中でも22番から25番(ただしこれだけはクレンペラーとの共演盤)は私の一押しです。とりわけ22番が最高で,第2楽章は涙なしでは聞けません。私は15番以降の作品を中心に聞いていますが,後はペライア,グルダ,内田光子,カサドシュ,アシュケナージ,カーゾンそしてバックハウス(27番)といったラインナップでしょうか。
2. Posted by 和田   2020年04月04日 13:46
確かに22番は2楽章の哀しみの表現は深みがありますし、だからこそ3楽章の微笑みはモーツァルトそのもので、心にしみます。バレンボイム自身の新盤を含め、未だにこれを凌ぐ録音はありません。
挙げられた以外のモーツァルトのピアノ協奏曲のディスクでは録音は古いもののリパッティ&カラヤンの21番、ギーゼキング&カラヤンの24番がそれぞれの曲のトップに挙げたい名演です。
全集ではあとアンネローゼ・シュミット&マズアでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ