2014年09月26日

ボニングのチャイコフスキー:3大バレエ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バレエ音楽に冴えた手腕を発揮したボニングの代表的録音。

19世紀の知られざるバレエや歌劇に大いなる情熱を傾けてきたボニングは、著名作品の原典版の再現にも並々ならぬ意欲を燃やしてきた。

「白鳥の湖」は、各楽器の色彩的な音色感を最大限に生かし、濃厚に歌い上げるロマンティシズムはまさにボニングの独壇場で、ダイナミックなオーケストラの響きがたっぷりと堪能できる。

しかし、思い入れたっぷりのテンポや間のとり方など、やや演出過剰で腰が重く、むしろ長大な交響詩を聴いているような気がする。

「眠りの森の美女」は、ボニングのリズム感のよさと、雰囲気作りのうまさがよくわかる完全全曲版によるスタンダードな名演である。

全体にリズムの切れ味がよい上に、随所にボニングの演出のうまさが光っており、ことに華やかで変化に富んだ第3幕は見事だ。

これでオーケストラのアンサンブルがさらに緊密だったら、音楽は一段と光彩を放っただろう。

「くるみ割り人形」は、ボニングによるチャイコフスキーの3大バレエの録音の中でも、この出来ばえは全作中の白眉と言うべきものだ。

優れたリズム感覚とバレエの雰囲気づくりのうまさは彼の才気と力量が十全に開花した感がある。

各場面は入念に描き込まれ、この名作のメルヘンの世界が情感豊かにまとめ上げられている。

ことに第2幕が素晴らしい。

音質も英デッカによる極めて優秀なものであり、ボニングによる素晴らしい名演を高音質で味わうことができるのを歓迎したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:59コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ