2010年08月20日

ムーティ&フィラデルフィア管のベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



イタリア人の指揮者とアメリカのオーケストラ、というだけの単純な理由で、この全集に触れる機会を持たなかった方々こそお気の毒である。

この全集を知らない、持たない、聴かない、というのは音楽人生にとって大きな損失だ。

これほど淡く、爽やかで、それでいて生命力に溢れて美しいベートーヴェン演奏は稀だからである。

成功の要因のひとつは、オーマンディの薫陶を受けたフィラデルフィア管の優れた技量と音楽性。

全曲にわたり「美しくない音」がただの1音もないのだから驚きだ。

個々のパートがそれぞれ完璧な上に、それらが溶け合ったときの全体の色彩美といったら例がない。

ムーティが「オペラだけの人でない」ことを、見事に実証した全集であり、大いに推奨したい。

ムーティの指揮は素晴らしい。

イタリア式に横に歌うだけでなく、作品のキャラクターや構造を的確に捉えて立体的に構築し、持ち前の情熱で演奏に生命を吹き込んでいる。

テンポは中庸か遅めの場合が多く、それが歌謡性を強調している。

もちろん流動性も強いが、全体的には実直に作品の音楽性を追求しており、明朗でのびやかに歌うのが独自の魅力だ。

苦悩の人ベートーヴェンの音楽が、こんなにも美しくて良いのだろうか?という罪悪感さえ持たれる方もいらっしゃるかも知れないが、心配はご無用。美のために破られてならぬルールはない。

これこそベートーヴェンの哲学であり、我々は、この美を全身全霊をもって享受して良いのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(4)ベートーヴェン | ムーティ 

コメント一覧

1. Posted by 素人愛好家   2020年04月17日 12:09
小生も最初からイタリア人指揮者とアメリカの楽団と喰わず嫌いをしておりました。
全曲聞いたのではないのですし難しい事はわかりませんが素直にもう一度聴きたいと思う内容でした。
2. Posted by 和田   2020年04月17日 13:59
所謂世評の高い全集ではありませんが、是非とも虚心坦懐に聴いてみてください。
3. Posted by Kasshini   2020年11月23日 02:16
>成功の要因のひとつは、オーマンディの薫陶を受けたフィラデルフィア管の優れた技量と音楽性。

ムーティの指揮のフィラデルフィア管弦楽団は聴いていないですが、オーマンディ指揮の演奏は大好き。オーマンディはカラヤンが対面した時にオーマンディの不遜な態度が不快感を覚え、カラヤンが潰してやると言ったエピソードをネットでたまたまみかけ。それはそれとして、フィラデルフィア管弦楽団はカーディス音楽院でオーマンディ時代の奏法を継承し、デッドなホールではかつてのようにならし(オーマンディが加筆した楽譜使用),残響豊かなホールでは、オーマンディの華麗さのまま、人工的なアーティキュレーションを削って演奏してるそうで。カラヤンベルリンフィル以外で床が揺れる音量で演奏したエピソードもあり、フィラデルフィア管弦楽団は1番好きな美音オケの一つです。
4. Posted by 和田   2020年11月23日 12:22
Kasshiniさん、久々のコメントありがとうございます。確かにアメリカのオーケストラはおおむね、伝統は浅いと言えますが、その代わり妙なしきたりに左右されずに、楽譜の印刷だけを信じて正直な音楽をします。セルなどもクリーヴランドに来てから、初めて自分の求める音楽が出来るようになったと言いましたし、ヨーロッパではベルリン・フィルなどは別格としても、伝統とか何とか文句ばかり言うわりには、アメリカのオーケストラほど巧くはありません。フィラデルフィア管弦楽団はオーマンディの勇退後、リッカルド・ムーティに引き継がれ、多少の軋轢のあった後、徐々にムーティ・トーンと言うべきものが身につき始めたとたんに、ムーティはやめてしまい、後任にはドイツ人のサヴァリッシュが就任しましたが、はっきりいって鳴かず飛ばずでした。これはかつてのストコフスキーから、オーマンディへと受け継がれ、両人ともフィラデルフィアに住み着いて、コミュニティの一員として、市民とともにオーケストラ作りに専念した伝統が、ムーティから当世風の旅行指揮者の手に落ちてしまいました。かつて音楽監督はシーズンの大半をその都市で過ごし、ヴァカンスを客演に当てたものですが、この図式が崩れたしまった現在では、じっくりとオーケストラ育成に専念することは不可能になるでしょう。その点ストコフスキー、オーマンディと両伯楽に恵まれたフィラデルフィア管は、幸せだったと言えるかもしれません。こうした風潮を招いたのはカラヤンで、彼はベルリン・フィルの芸術監督でありながら、決してベルリンには住まず、ホテル・ケンピンスキーからフィルハーモニーに通ったエントランゼでした。その意味でもオーマンディは、頑固でしたが節をまっとうしたと言えると思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ