2010年09月01日

ワルター&コロンビア響のベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターは、晩年にコロンビア交響楽団を指揮して、多くのレパートリーをステレオ録音している。

フルトヴェングラーよりも10歳年上だった彼の演奏を、かなり良好な音質で聴くことができるのは、そうしたおかげである。

この全集も、1958年から59年にかけての録音で、CD化されて、より鮮明な音になった。

ワルター最晩年の録音で、巨匠は既に80代を迎えていたが、ふくよかで温かい人間性と彫りの深い音楽性で聴き手を魅了する歴史的名演である。

巨匠の偉大な風格を示した演奏である。

ワルターの演奏は、すこぶる老熟した、底光りのするような深い味わいをもったもので、ワルターならではの、優しく、温かく、穏やかな人間性というものが、聴き手にそのまま伝わってくるかのようだ。

温かく、豊かなニュアンスに満ちた心を和ませる表現は、ワルター独自のものだ。

晴朗に歌いながら要所をよく引き締めて格調高く、全集を貫くヒューマンな歌の心はベートーヴェンの本質を表現して余すところがない。

基本的にワルターは抒情の人、歌の人といえ、《田園》交響曲などそうした魅力が類稀な結晶となっているが、《運命》や第7番などでは密度濃い構成力と逞しい推進力をベースに壮麗な音の世界が打ち立てられており、決して好々爺的な演奏などではない。

フルトヴェングラー、トスカニーニらとともに20世紀前半から半ばにかけての指揮界に君臨してきたワルターの至芸は、さすがに芸風に余人の追随を許さぬ風格と存在感がある。

特にロマンティックでみずみずしい第2番と、作品の本質を衝いた表現で聴き手を感動に誘う《田園》は、全曲中の白眉である。

巨匠の芸術から学び取るものは大きい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:37コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ