2010年09月15日

チョン・ミュンフンのベルリオーズ:幻想交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チョン・ミュンフンは、いま私が最も注目している指揮者のひとりである。

この《幻想交響曲》は、彼のディスクを代表するといってよい傑作だが、何よりも磨きぬかれたオーケストラの音色と合奏力がすばらしい。

フランス音楽は、このような響きでなくてはなるまい。

したがって、つややかな弦と豊麗な管楽器が輝かしく、アンサンブルは緻密で透明、独自の繊細感にみちあふれている。

一般のフランス風をつきぬけたきびしい演奏といえるが、これこそがミュンフンの薫陶の賜物であろう。

もともとはピアニスト出身のミュンフンだが、指揮の才能はそれ以上で、オーケストラを自在にコントロールし、自らの音楽を完璧につくりあげてしまう。

この《幻想交響曲》では曲のストーリーから来る異常な音楽的揺れに対してまさにしなやかに、奥深く描いてゆく。

冒頭の憂鬱な雰囲気を大きな呼吸や溜息のように、実に細やかに弦に表情を与える所などは、ミュンフンの豊かな音楽性とそれを具現化する棒の技術がいかに高いかを証明している。

第1楽章の提示部が反復され、コルネットが追加されているのもよい。

その決然とした表情には、若々しい覇気がみなぎっている。しかもテンポは緩急自在、大胆な表情の音楽が奔流のように流れる。

まさに痛快な音楽で、第4楽章では力が充満し、終楽章ではあの奇怪な音響と音楽が完全に一致している。

そのなかに躍動的な生命力が放射されている。

パリ・バスティーユ管のアンサンブルや特に柔らかな音色はきわめて魅力的に響く。

この頃は政治的にぎくしゃくする不協和音もあったが、音楽的には全く関係なく、ミュンフンは自らの才能を演奏にぶつけている。

ただただ感嘆のほかはない演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:27コメント(0)トラックバック(0)ベルリオーズ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ