2010年09月20日

ブリュッヘンのベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



名曲だけに多くのCDがカタログを飾っているが、現代における最もオーセンティック(本物)な演奏は、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラであろう。

各曲の初演当時の編成と楽器を用い、オリジナルに徹したところが、極めて説得力が強い。

ブリュッヘンの指揮も、メリハリをはっきり付けたバロック的ともいえるスタイルで、オーケストラのアンサンブルも緻密そのものである。

オリジナル楽器によるベートーヴェン交響曲全集だが、内容は極めてロマンティックというか、ブリュッヘンのカリスマ性で一貫された名演といえる。

わかり易くいうと、フルトヴェングラーがオリジナル楽器のオーケストラを振っているような演奏である。

実に主観的で劇的な要素に満ち溢れ、強弱のはっきりした表現はバロック的ともいえるが、コンセプトはやはりロマンであろう。

ブリュッヘンは手段としてオリジナル楽器を用いているが、本質的にはワンマン・コントロールの古いタイプの指揮者に属している。

そこがまたこの全集の面白いところで、オールド・ワイン・ニュー・ボトル的な、新鮮な感動に誘われるのである。

そして何よりもオーケストラのメンバー全員が、自発性に富んだ演奏で応えているのが、聴く楽しさを倍増させている。

当初は「モラルとして18世紀の音楽だけ」を演奏するはずだった18世紀オーケストラが、19世紀にも足を踏み入れたのは「英雄まで」でベートーヴェンを打ち止めには出来ない強い音楽的欲求が、ブリュッヘンと楽員の両方にあったからに違いない。

記念すべきデビュー盤の第1交響曲から実に8年の歳月をかけて、1曲ずつを丹念に克明に彫琢したライヴによる全集が、「第9」をもって完成した。

進取の気質を備えたその「第9」を「新旧の楽器の混在」という形で表現したように、ブリュッヘンは9曲すべての来歴を尊重した演奏を行っている。

しかも、たんに歴史を満足させるだけでなく、現代の先鋭な解釈でもあるところが凄い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:35コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ブリュッヘン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ