2010年11月10日

アーノンクール&ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アーノンクール最新のブルックナー録音であるが、アーノンクールの円熟は疑いない。

第1楽章から、ヴィブラートを抑制したウィーン・フィルの清廉な響きの何という美しさ!

すべてのパートが透けて見えるようでいながら、ズシリとした響きの充実感も失わず、さらには、ワクワクするような愉悦感さえある。

そう、ヴァントのブルックナーになかったのは、この愉悦感かも知れない。

「第7」と違いイン・テンポで乗り切るコーダの雄大さも良い。

第2楽章、これほどベッタリと歌わない演奏も珍しい。

ことに弦で最初に奏される第2主題の斬新さは驚きだ。

まるで異次元からバロック・アンサンブルが紛れ込んだような錯覚にさえ陥る。

点描画のように重ねられていく音の断片が、ひとつの宇宙となる見事さに唖然となる。

スケルツォの愉しさが格別なのは、アーノンクールが舞曲の本質を捉えているが故であり、響きの法悦を無邪気に愉しむ心があるからだ。

フィナーレの揺るぎない構築美も、ポリフォニー音楽を知り尽くしたアーノンクールならでは。

コーダの大団円の迫力は、かつてのアーノンクールにはなかった力強さである。

「第8」での感嘆が、さらに大きなものとなった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(2)ブルックナー | アーノンクール 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年07月09日 10:02
2 私の嫌いなアーノンクールが今回の紹介記事なのでくどくど申し上げるのは差し控えますが, このディスクは全く評価しません。彼特有の落ち着きのないリズムには付いていけません。特に私の好きな第2楽章は全く無味乾燥でアップテンポ, 愉悦感など感じる余裕は有りませんでした。嗜好の問題だから余計な雑言は入れるなと言われればそれまでですが。私はアーノンクールはモーツアルトと一部のメンデルスゾーンは好きですが, 後は冒頭部を聞いただけで止めてしまいます。和田さんは私なんかよりずっと心が広いですね。 
2. Posted by 和田   2020年07月09日 12:26
私が古楽演奏家で最も好きな指揮者はブリュッヘンであり、もしブリュッヘンが芸術家なら、アーノンクールはイデオローグに過ぎないとすら考えてしまうことをまず述べておきます。恐らくアーノンクールの音楽に小島さんが拒絶反応を示される理由の一つに、アーノンクールの方法論から来る、いろいろな刺激に慣れた現代人に、昔の人が感じたであろうショックを経験させるには、うんと誇張した表現をすべきということにあるのかもしれません。それと彼の演奏が示す最大の特徴は、まったく美しくないということです。美の化身のように見なされるモーツァルト作品ですら、彼に指揮されるとまったく美しくなくなります。彼は自著で、美しさだけが音楽にとって大事なわけではないと主張していますが、それを実践し、この演奏家が彼の人生を賭けて、彼にしかできない音楽をしてきたというのは紛れもない事実です。このような演奏家が、甘美な美を愛好するウィーンで受け入れられたのは、非常に面白い事実ですし、やはりカラヤン流に飽き足らない人たちがいるのだなと思わせます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ