2010年09月30日

ギレリスのモーツァルト:ピアノ作品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ギレリスはロシアではじめてモーツァルトを本格的にとりあげたピアニストのひとりだそうだが、1970年1月28日、ギレリスのDG初録音となったザルツブルク・モーツァルテウムにおけるライヴは、彼のモーツァルトのすばらしさを強く印象づけた。

収録されているのはすべてモーツァルトの曲。

ソナタの第3番と第8番、二短調の幻想曲、それにK398の変奏曲である(2枚目にはベームとのピアノ協奏曲第27番他も含まれている)。

ここにおけるギレリスは、それぞれ矜持あふれ、自立した音を駆使して、造型的にも情感的にも確固とした世界を築き上げており、すばらしい。

他ではあまり聴けないような格調の高さをもったモーツァルトだ。

この時期、ギレリスは各地でモーツァルトを集中的に演奏したが、まったく曖昧さのない明晰な音と洗練された表現がすばらしく、とくに後半の二短調の幻想曲とイ短調ソナタは、ギレリスが真の円熟期を迎えていたことをはっきり物語っている。

ギレリスの円熟をはっきりと印象づけた名盤で、卓抜な技巧と清澄で美しく確かな芯をもつ音によって弾かれた音楽は、いかにもしなやかで気宇が大きく、同時にそこには作品への透徹した読みがとても親しみ深く歌われている。

このギレリスの演奏からは、モーツァルトの音楽に対する限りない愛情と優しさが伝わってくる。

しかしその愛情と優しさは、決して表面的でヤワなものではなく、音楽を突き放すところから生まれる、いわば"生"の深淵を覗き込むような眼差しがあり、"音楽"がまさに音楽であると同時に"哲学"になっている。

そうしたギレリスの凄さは格別であり、まさに大人の演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ギレリス 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ