2011年12月15日

ルプーのブラームス:ピアノ小品集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これは1970年代前半の時期の、ルプーがデビューして間もない頃の演奏だが、ピアノの抒情詩人ルプーの面目躍如たる、代表的な演奏のひとつに数えられる。

ルプーは極めて若々しい感覚でソフトに作品にアプローチし、ブラームス晩年のピアノ小品によくいわれる枯淡とか諦観とは違った輝かしい光りを当てている。

特に《間奏曲》はいわば行間で語るようなところがある音楽だが、ルプーは流麗といってもよい生き生きとした音楽の流れをつくり出す。

そこに彼独特の爽やかな抒情が加わり、ブラームスの小品は新鮮な表情を湛えて語りかけてくるのである。

ブラームスのこれら晩年の小品集を、これほど親しみやすく、これほど快く聴かせる演奏が、これまでにあったであろうか。

そう思わせるほど、ルプーはこれらの作品で洗練された抒情性を徹底して追求している。

その意味で、ルプーの演奏芸術の持つリリシズムが改めて強く確認される演奏ともいえる。

ちょうど同じ頃にルプーは、シューベルトのピアノ・ソナタ第18番《幻想》を出したが、これが旋律を大きなフレーズで歌わせた見事な演奏であった。

このシューベルトのソナタは作品自体が非常に抒情的な性格をもっているが、これらブラームスの小品の場合、《ラプソディ》は別にしても、晩年の作品は枯淡で渋い音楽と一般に思われてきたものを、ルプーの演奏はなんと親しみやすく、チャーミングに聴かせていることか。

どの曲もルプーの繊細な感覚が光っており、作品のもつ多彩な表情をニュアンス豊かに表現した演奏で、ルプーの音楽的特性がよくあらわれたものとなっている。

さまざまに変化する各曲の表情を、繊細で、透明感にみちた音色で巧みに表現していて見事である。

ブラームスのこれらの作品が秘めている新しい側面に、眼を見開かせてくれた演奏として、大きな価値を持つように思われる。

この演奏を聴いてこれらの曲を好きになった人もいると思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:24コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | ルプー 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ