2010年10月03日

クラウスのモーツァルト:ピアノ・ソナタ全集(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

    

1956年のモーツァルト生誕200年を記念して、シャルランが録音した名盤。

クラウスは、《モーツァルト/ピアノ・ソナタ全集》を2度録音している。1950年代のモノーラル盤、60年代のステレオ盤がそれ。

クラウスは年齢を重ねるたびにその演奏は、いわゆるロマン的傾向を強めていった。

モーツァルトとて例外ではない。加齢がそうさせたのだ。

だから新旧の全集のどちらを選ぶか問われれば、私は感情移入が過剰ではない古いモノーラル盤に軍配を上げる。

モーツァルト弾きクラウスの、まさに円熟の域に達した51歳の演奏が悪かろうはずがない。

クラウスはここで、ごく自然にモーツァルトに立ち向かっており、音の美しさ、軽妙なリズム感、生き生きとしたニュアンスなど、耳を傾けさせる部分も少なくない。

余分な華麗さのない極めて清潔な表現だが、それでいて決して冷たい音楽ではなく、いわば血の通った人間味のある温かさが隅々まで行き届いている。

ヒューマンなモーツァルトとして余分なところも足りないところもない、実に完成度の高い演奏である。

ただ演奏にはテンポの揺れがみられるが、それはクラウスが意識してつくり出し、設定したものだ。

したがって、彼女の様式感になじめるかが、このモーツァルトの好悪の別れめになるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:39コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ